×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オススメ商品!


連音化

■ 連音化①

パッチムの後に母音が来る場合、そのパッチムと母音がくっついて発音されます。

例:

  • 국어(国語)→구거 クゴと発音されます。
  • 일요일(日曜日)→이료일 イリョウイrと発音されます。
  • 이것은(これは)→이거슨 イゴスnと発音されます。
  • 이것이(これが)→이거시 イゴシと発音されます。
  • 이것을(これを)→이거슬 イゴスrと発音されます。

■ 連音化②

子音が2つのパッチムの場合、左側にある子音はパッチムとして発音され右側にある子音は続く母音とくっついて発音されます。(ㄶ、ㅀ以外)

例:

  • 없어요(ないです)→업서요 オpソヨ
  • 젊은(若い)→절믄 チョrムn
  • 앉아(座って)→안자 アnジャ

■ 連音化③

パッチムで使われる「ㅎ」は発音されません。

「ㄶ」、「ㅀ」も「ㄴ」、「ㄹ」だけ発音され、母音とくっつくのも「ㄴ」、「ㄹ」の音だけです。

例:

  • 좋아요(良いです)→조아요 チョアヨ
  • 싫어요(嫌です)→시러요 シロヨ
  • 많이(多い)→마니 マニ

■ 連音化④

「ㄴ」、「ㅁ」、「ㄹ」のパッチムの後に母音でなく「ㅎ」が続く場合も「ㅎ」の代わりにパッチムが母音とくっつき発音されます。

例:

  • 전화(電話)→저놔 チョナと発音されます。
  • 남학생(男学生)→나막생 ナマkセngと発音されます。
  • 결혼(結婚)→겨론 キョロnと発音されます。